「ありのまま」の自分を知るのは何のため?より良い自分へと成長するために

もう何年か前になってしまいましたが、ディズニーアニメ「アナと雪の女王」の歌で、「ありのまま」という言葉が流行ったことがありました。

 

「ありのまま」

その流行の背景には、この言葉に多くの人が魅力を感じたことがあったでしょう。

それだけ自分の「ありのまま」から目を背け、「ありのまま」を認めず生きていた人が多かったのでしょう。

 

いわゆる「スピリチュアル」や心理カウンセリングの世界でも、まず自分の「ありのまま」に気づきましょうという考え方は多いです。

しかし一部ではそれを都合の良いように解釈して、かえってマイナスな効果を出していることもあるのではないでしょうか。

 

 

1・あなたは「あなた以外の誰か」の真似をせず、「自分自身」でいてよい

「ありのまま」という言葉に含まれている意味は、このことでしょう。

 

「あなた以外の誰か」というのは、例えば、親や先生や世間から学んだ「理想像」です。

それは、いわゆる優等生的な「良い子」とは限りません。

むしろ敢えて反抗的になることすらあります。

特に思春期にありがちな「悪ぶる」ということ。

これもまた、価値観の変異の中で「良い子」を否定し、演じているという点では同じことです。

 

例えば、わたし自身にも経験があります。

同級生から「優等生」のレッテルを貼られることが嫌で、敢えて乱暴な言葉を使ったり、先生に反抗的な態度を取ったりと。

が、振り返ってみれば、先生の言うことをよく聞く「優等生」も、敢えて反抗的な「ひねくれ者」も、どちらも「本来のわたし」「ありのまま」ではなかったのです。

 

 

変に良い子である必要も、悪ぶる必要も、無理して何かを繕ったり壊したりして「本来の自分ではない誰か」でいる必要はない。

「本来の自分ではない誰か」を演じ続けることに疲れていた人々に、「ありのまま」の歌詞はとても魅力的に響いたのかもしれません。

 

 

2・しかし「ありのまま」を開き直りに使うのはいかがなものか

ところが一部ですが、「ありのまま」を都合よく解釈して開き直る人たちもいるものです。

「わたしはこうなんだから仕方がない」という主張です。

 

これは占いでもよくあることです。

わたしも学んだ四柱推命もそうですが、それが良質のものならば、占いでは個人の先天的性格というものをかなり明らかにすることができます。

そしてどんな生まれであれ、人はそれぞれ長所と短所を持っています。

(正確には絶対的な長所短所などないのですが、時代や社会の中でプラスになることマイナスになることはあります。)

が、たまにそれにあぐらをかき、むしろその短所を強調するような行動に出る人もいるものです。

そのような人はむしろ、自分の性質など知らなかった方が良いのではないかと思うことすらあります。

 

例えば「時間に遅れる傾向がある」という自分の欠点を知ったとき、もちろんそれを直そうとする人もいます。

が、「それがわたしの性質なんだからしょうがないんだ」と開き直り、かえって堂々と遅れてくるようになる人もいるのです。

 

以前わたしが記事に書いた、野口整体の「体癖」もそうです。

わたしの以前の整体の先生が、なかなか生徒の体癖を明かしてくださらなかったのも、まさにこの理由からです。

「体癖にあぐらをかく」人が後を断たないからだそうです。

※自分の「当たり前のこと」は他人にとっては違う〜野口整体の「体癖」から知る自分の「偏り」

 

 

3・「ありのまま」の自分も情報の一つ、知ってどうするのかが重要

占いでも体癖論でも心理カウンセリングでもそうなのですが、自分を知ったらどうするのか、その先が重要なのです。

「ありのままの自分を知る」、それも情報集めの一つです。

情報はどう使うかが大切、情報に振り回されず惑わされず、それを使いこなすことです。

 

3-1・人は裸のままでは生きていくことができないように、「ありのまま」でも生きられない

「ありのままのあなたで完璧なのです」

いわゆる「スピリチュアル」でもよく言われる言葉です。

そしてこの言葉はかなり魅力的に響きます。

が、「ありのまま」を「裸」に置き換えてみてください。

 

裸のあなたも、もちろん完璧な一人の人間です。

そしてアフリカやアマゾンの奥地だったら、裸のままでも十分生きていけるところも、まだあるかもしれません。

が、現在の「文明化」された社会では、裸のままでは生きていけないことは明らかです。

(「文明化」された社会がそうでない社会よりも優れているかどうかとは、また別の話ですが。)

 

最低でも、小綺麗な衣服は身につけておくべきでしょう。

そう、「ありのまま」も、ちょっとは包み隠しておく必要があるのです。

 

3-2・しかし「ありのまま」とかけ離れた自分を演じるのは滑稽である

裸のあなたも、「ありのまま」のあなたも、確かに完璧な存在ではあります。

が、そのどちらも、そのままで社会に受け入れられる姿ではありません。

服を着たり、多少は取り繕う必要があります。

 

しかしサイズの合わない服や似合わない服を着てもちょっと滑稽なように、あまりにも自分とはかけ離れた自分を演じることにも無理があります。

それなのに現在は多くの人が、流行りの服をそのまま着るかのように、「自分以外の誰か」を演じようとしているのです。

 

「自分以外の誰か」よりも、「自分のありのままの性質の良い面を伸ばした、更なる自分」になる方が簡単です。

「ありのまま」の自分を知るというのは、まさに、その準備のためなのです。

 

 

3-3・「ありのまま」とは、より良い自分の在り方へと変化するための土台である

「ありのまま」の、素の自分を知ることは、とても大切です。

でも、なぜ大切なのでしょうか?

 

それは決して、開き直るためではないのです。

「ありのままの自分」という素材から、どんな作品を創り出すのがいいのか知るため。

場合によっては、「ありのままの自分」を矯正することもあるでしょう。

 

先の例で言えば、もし自分が「時間に遅れる」素質があると知ったら、それを直すということです。

何かを直すには、まず「直すべきもの」を知らなくてはなりません。

「わたしは遅れる人間だ」という自覚なくして、その癖を直すことはできないのです。

 

「何だかいつも遅れがちだなあ‥」ではなく、「わたしの『ありのまま』は遅れる人間だ」と知ること。

知れば、そうでなく行動することができます。

 

もちろん、長所は伸ばしましょう。

長所短所に絶対的なものはなく、時代背景やその地域の文化によって異なるものですが、

(例えば、「時間を守るべし」という観念自体がナンセンスなところもあるそうです)

いま自分がいるその時代その文化に生きる上では、プラスになるところが「長所」です。

 

「俺はこうなんだから、周りが悪い」では、単なるわがまま者です。

自分の性質特質を認めた上で、周りに合わせてそれを発揮できること。

それをまた、「地に足を付けて生きる」とも言うのです。

 

「ありのまま」の自分を知るのは、そのための最初の一歩に過ぎません。

 

 

4・「ありのままの自分」を知るためには心理テストも性格判断も占いもいいが、まず知ってどうするのかを考えておこう

「ありのままの自分」は、終着点ではありません。

むしろ始発点で、「ありのままの自分」をどう変えていくかが重要なのです。

 

わたしはそのような目的なく、心理テストや性格判断、占いなどで自分を知るのは、時に害にすらなり得ると思います。

まあ、娯楽として楽しむくらいならいいでしょうが。

(もちろん世の中には、大した根拠もないテストや判断、間違った占いも溢れていることを忘れてはなりません。)

体癖も同じです。

 

 

もしあなたが、何かのきっかけで、本格的に自分の「ありのまま」の性質を知りたいと思ったら、まず、どうしてそう思うのか考えてみてください。

それから、知ったらどうしようか、どうなりたいか、ちょっと想像してみてください。

それからでも遅くはありません。

 

いえ、「準備ができた」と確信してから、診断機関や占い師の門を叩くくらいでちょうど良いでしょう。

別に知らなくたって、ただ生きていくことはできます。

 

もちろんカウンセリングも、「ありのままの自分」に気づく有効なツールです。

いろいろなカウンセリングがありますが、わたしのカウンセリングは、

「ありのまま」の自分を知ってそれからどうするのかというところを常に念頭に置き、

そのためのヒントをご自身で見つけていただくことを目的にしております。

 

※カウンセリングはやはり対面がお勧めですが、ちょっと試してみたい時はお手頃な電話カウンセリングからどうぞ。

30分3000円から承ります。

【人気】電話カウンセリング

 

近日開催予定のイベント

 

※【参加費無料】自由が丘朝活のお知らせ

毎月第2土曜日は朝活の日!  次回は9月9日の10時〜12時です

9/9自由が丘朝活

 

※【2018年1/20(土)午前】水晶七環演奏会〜贅沢な中国茶付きで極上のひととき

午前10時〜12時  自由が丘「スタジオカムシア」にて ご参加費・5000円

1/20水晶七環演奏会
 

 

※【9/24(日)昼】初秋の水晶七環昼食会

11時〜14時  横浜中山「753Cafe(古民家カフェ)」にて ご参加費・5000円

9/24水晶七環昼食会

 

※【2017年12/3(日)午後】クリスタルボウル・ヨーガ

15時15分〜16時45分  自由が丘「スタジオカムシア」にて ご参加費・4000円

12/3クリスタルボウル・ヨーガ

 

※【10/14(土)】自由が丘癒しのフェスタ

10時〜18時  自由が丘「スタジオカムシア」にて

10/14(土)自由が丘癒しのフェスタ(クリスタルボウル・ヨーガ)