【冬至】12/22の心理カードメッセージ「意識」

一陽来復、今年の冬至点も過ぎました。

今日は、岩茶房の「中目黒マルシェ」で買った、素晴らしい香りの柚子を入れたお風呂に入ろうと思います。

 

その岩茶房のご縁で昨日学んだことを応用して、今日からカードの引き方を変えました。

まず「陰のメッセージカード」を引いて、それをじっくりと読み解いたのち、「陽のメッセージカード」を引くという方法です。

公開するのは「陽」の方のみなので、表面的には何も変わらないと思いますが、もしかしたらちょっと質が変わっているかもしれません。

 

※ご参考まで、今日の「陰」は「整理」のカードでした。

12/17心理カードメッセージ「整理」

 

まだこれからですが、この方法、なかなか良いのではないかと思っています。

 

 

今日の一枚は「意識」

心理(真理)カード「意識」

 

 

意識に高いも低いもない

ただ、どれだけ自分の内に向けられるかのみ

 

その程度をある角度から見れば

高く見えたり低く見えたりするだけのこと

 

 

 

「意識高い系」という言い回しもあるようですが、冗談で言うのならともかく、どうも好きになれない言葉です。

「意識を高めよう」なんて言うと、なぜか心身は陰気になり、余分な力が入り、呼吸は浅くなりませんか?

 

意識に高いも低いもないのです。

敢えて言えば、深いか浅いか。

高い低いというと優劣を連想しますが、深い浅いに優劣はないのです。

 

「意識低い系」の人を見下すのはただの思い上がりであり、「意識高い系」の人に引け目を感じることもないのです。

結局のところ、人はみな同じ。

 

 

余談ですが、どんな凄そうな指導者のコミュニティーであれ、そこに「意識のヒエラルキー」をにおわせるところには警戒した方がいい、というのがわたしの痛い経験からの実感です。

たとえその人が本物の「天才」だったり、あるいは本当に「神」や「高次の意識体」の生まれ変わりかなにかだったとしても、変なんですよ、それは。

 

どんなところであれ、自分を「意識低い系」「劣った存在」と感じさせるところに、碌なところはありません。

 

 

※【自分の心の中から答えを出す】心理カードリーディングはこちら

 

 

 お知らせ・次回クリスタルボウル演奏会は中国茶とのコラボレーション、2018年1月20日(土)@自由が丘

日本茶縁協会理事長の林圭子さんをゲストにお招きして、お茶で身体の中から、水晶の響きで身体の外から、極上の癒しを体感していただけます。

 

今回は自由が丘では初めての、午前の開催。

贅沢な朝茶の時間をお愉しみください。

クリスタルボウル演奏会〜贅沢な中国茶付きで極上のひととき@東京自由が丘(’18年1/20土)

 

クリスタルボウルと中国茶@自由が丘(JCC)のチラシ

 

※【2018年1/20(土)午前】水晶七環演奏会〜贅沢な中国茶付きで極上のひととき

午前10時〜12時  自由が丘「スタジオカムシア」にて ご参加費・5000円

1/20水晶七環演奏会
 

 

 

その他のイベント

 

※【2018年4/13(金)午前】クリスタルボウル・ヨーガ

10時〜11時30分  自由が丘「スタジオカムシア」にて ご参加費・4000円

4/13クリスタルボウル・ヨーガ