【立春】2/4心理カードメッセージ「意識」

東京は寒さも緩み、立春にふさわしい暖かな一日でした。

四柱推命などの東洋占術では、立春から新しい年になります。

今日は自由が丘でクリスタルボウル・ヨーガの開催があり、こわばった心身をゆっくりほぐし伸ばして、気持ちも新たに「新年」を迎えることができました。

 

 

今日の一枚は「意識」〜どこを意識するかで人生は変わってくる

「外見」「意識」「外見」「意識」と、この4日間交代に出てきたので、ちょっと面白いなと思っています。

 

心理(真理)カード「意識」

 

 

 

今日のクリスタルボウル・ヨーガでも、ヨガの千葉先生がよく言われていたのが、「(身体のある部分を)意識して」です。

たとえば伸びひとつにしろ、背中や脇腹や腰など、意識してするのとそうでないのとでは違います。

「なんとなく伸びていた」ところを「意識して伸ばす」ことで、もうひとつ伸びるようになり、それがきっかけで、そこから全身が伸びてほぐれてくることもあるのです。

 

意識の使い方ひとつで、身体の動きもこんなに変わってくる。

そう、心の動きも同じなのです。

 

人間の心の内には、あらゆるものがあるといっても良いでしょう。

喜怒哀楽の感情はもとより、善を求めること、悪に魅了されること、幸せになりたい欲求もあれば、不幸のどん底に落ちてみたい願望もある。

愛もあれば憎しみもある、そう、あらゆるものがあるのです。

生身の人間である限り、どんな人の内にもそれらが全てあるのです。

 

それなのにどうして善い人がいて悪い人がいて、幸せな人がいて不幸な人がいるのでしょうか。

その理由のひとつが、意識なのです。

どこに意識を向け、どこを意識しているか。

意識せず、「ただなんとなく」流されて生きているだけでは、盲目で運転しているようなもの。

 

ただし、意識は願望ではありません。

「こうなりたい」ではなく、「いまこうある」ということ。

未来への希望ではなく、現状を認識すること。

現状を認識することで、どの未来に向かいつつあるのか知り、その流れを止めたり加速させたりするものです。

 

「どこそこへ行きたい」ではなく、「いまどこに居てどちらに進んでいるか」を知ること。

 

新しい季節の始まり、自分はいまどこにいるのか、どこに向かおうとしているのか、意識しておきたいものです。

 

 

 

 心理カードリーディングのお申込み

※本格的な心理カードリーディング個人セッション、講座については、お問い合わせください。

まずはお気軽な「心理カードリーディング」からお試しになることをお勧めいたします。

 

【自分の心の中から答えを出す】心理カードリーディング詳細はこちら