新クリスタルボウル奏者誕生!「資格より実力」のクリスタルボウル教室の大切な一歩でした

毎月第3土曜日はクリスタルボウルの日」でお馴染みの

自由が丘クリスタルボウル倶楽部定期演奏会ですが、

前回8月16日の演奏会を担当した2人の奏者はどちらも

わたしのクリスタルボウル教室の生徒さんでした。

 

 

りあんさん(左)とMaieさん

 

※Maie(マイア)の音薬〜クリスタルボウル(水晶七環)奏者〜東京より

 

わたしは8月いっぱいはお休みをいただいて海外で過ごしているため、残念ながらこの演奏会に参加できなかったのですが、

素晴らしい演奏会だったという様子が、フェイスブックやレポートなどからよく伝わってきました。

とてもとても嬉しくて、感無量です。

 

 

1・14個のクリスタルボウル(水晶十四環)での特別な演奏会

既に2月にプロとしてのクリスタルボウル奏者デビューをしているMaie(マイア)さんと、

今回がデビューとなるりあんさん。

 

コラボレーション演奏会が企画された時、2人から出た希望が

「14個のクリスタルボウルを2人一緒に演奏すること」でした。

 

さて、実はこれはたいへん難しいものです。

「引き算の演奏」と教えているように、余分な音を出さず最小限の響きだけを浸透させていく「水晶七環奏法」では

クリスタルボウルの数が増えることは良い効果ももたらすとは限らず、

むしろ響きを濁らせ逆効果となる可能性も十分にあるからです。

 

が、わたしは「この2人なら大丈夫」だと直感したのです。

そこで2ヶ月前くらいから、14個のクリスタルボウルでの合同レッスンも始めました。

 

 

2・毎回クラシックフロスト・クリスタルボウル7個セットを運んできたMaieさん

わたしのクリスタルボウル教室は、

クリスタルボウルをご購入されなくてもレッスンを受けたり、奏者として活動できるのが1つの特徴です。

 

なぜならば、レッスン時には7つのフルセットをご用意いたしますし、

自由が丘で演奏活動される時は、そのクラシックフロスト・クリスタルボウルセットの貸し出しもするからです。

つまり、毎回手ぶらでレッスンに来て、手ぶらで演奏会を開催することもできるのです。

 

これには、大きくて重たいクラシックフロストセットを運ばなくて済むという大きなメリットがあり、

もしわたし自身がこのようなところで学んでいたならば、

わざわざ自分のセットを自宅から台車で運搬しようとはしなかっただろうと思います。

 

しかし、貸し出しできるセットは1つのみです。

さすがに2セット14個は用意できません。

 

そこで、自分のクリスタルボウルセットを持つMaieさんが、真夏の炎天下、

毎回そのクリスタルボウルを台車運搬してレッスンに持ってきました。

 

左右に7個ずつ、計14個のクリスタルボウルを並べて打ち合わせ中

 

 

これは並大抵のことではないでしょう。

わたし自身もデビュー以来、何十回と台車でのクリスタルボウル運搬は経験していますが、

正直なところ、決して必要不可欠でなければ進んでしたいものではありません。

 

しかしそれを当たり前のようにするMaieさんの

「わたしはクリスタルボウル奏者だ」という自覚は、

本物に違いないと頼もしく思います。

 

Maieさんはもう個人としてもどんどん演奏活動をしていますが、

もちろん自分のクリスタルボウルセットを自分で運搬して行っているようです。

 

 

3・数が多くても雑多な響きにはならない〜完璧な調和をみせたリハーサル

クリスタルボウルには絶対的なピッチというものはありません。

 

一応、C(ド)からB(シ)までの音階にはなっているのですが、

それは平均律でも純正律でもなく微妙にずれていることが普通であり、

ましてセットが違えば、ハーモニーが調和することは奇跡に近くなります。

普通の「音楽」の感覚では、とても合わせられるものではありません。

 

最初わたしがレッスンした時は、やはり「音が多すぎる」印象がありました。

そこで必要最低限のアドヴァイスを出しながら、2人のインスピレーションも大切に、

演奏法や音と音の間合いなどを調整していったのです。

 

最後は「寝落ちゲーム」と称して、

実際にわたしが聴客となって横になり、「うっかり寝てしまったら合格!」ということに(笑)

 

 

正直なところ、最初はとても寝られたものではなかった演奏でしたが、

最後のリハーサルではついに、意識が薄れて「負け」てしまったのです…

それはとてもとても心地よく、

まさに「たっぷりと分厚くとも、ふわふわととても軽やかな音の羽根布団」に包まれている感覚でした。

 

指導中に寝るという、「指導者としては失格」なことをしてしまったわたしは、

この演奏会は必ず素晴らしいものになると確信しました。

 

 

4・写真が物語るクリスタルボウル演奏の素晴らしさ

実際にわたしは参加していないのですが、

この写真を見て素晴らしい演奏だったに違いないと思ったのです。

 

お写真掲載をご承諾いただけた方のみと

晴れ晴れとした様子が伝わってきます!

 

 

なんと演奏終了と同時に、「ゲリラ豪雨」のような大雨が降ったそうです。

それに意味があるのかないのか、解釈次第でもあるでしょうが、

溜め込んでいたものが流れるような、すっきりとなる感じだったよう。

 

少なくとも上の集合写真の感じからして、悪い意味ではないとわたしは思います。

 

 

もともとはご自分のための趣味として始められたりあんさんには、

あまりの演奏の素晴らしさについ奏者デビューを勧めてしまったのですが、

きっと忘れられないデビュー演奏会になったでしょう。

 

もちろん、既に何度も演奏会をしているMaieさんも。

 

 

5・「資格より実力」を掲げたクリスタルボウル教室の成果として

わたしのクリスタルボウル教室は、「資格より実力」と謳っています。

 

「クリスタルボウル奏者資格」を与えるために開いているのではなく、

聴き手に望まれる良いクリスタルボウル演奏ができて、

きちんと演奏活動ができる奏者を育てるために開いているのです。

 

もちろん、プロとしての奏者デビューを強制はしません。

自分のために趣味で、あるいは家族や友人だけのために、それもまた素敵なことです。

 

が、「その先」に行くことができる人には、「それ以上」を惜しみなく伝えていきたい

いつまでもわたしの演奏を褒め称え、自分は及ばないなどと引っ込んでいる生徒ばかりを育てているのはつまらない。

 

わたしと同じくらい、いや、わたしを越えてそれ以上に、

聴き手に望まれる以上のクリスタルボウル演奏ができる奏者を育てどんどん増やしていきたい。

 

いえ、それはわたし自身の直弟子に限ったことではないのです。

他の先生のところで学ばれた方でも、わたしが「この人なら」と思ったなら、

活動支援は惜しまずしていきます。

 

 

そんなわたしのクリスタルボウル教師としての夢がまたひとつ、形になったのです。

それが、この演奏会。

わたしが日本を離れて不在でも、安心して、

「自由が丘クリスタルボウル倶楽部」という大切な会のイベントである定期演奏会を任せることができる。

 

それが、わたしの考える「実力」です。

 

 

そして、この演奏会の成功は、

「自由が丘クリスタルボウル倶楽部」で定期演奏会主催を担当している飯塚麻美さん

裏でしっかりと支えてくれたからこそでもあります。

協力し、コラボレーションしていくことの喜び、それもまた、

「自由が丘クリスタルボウル倶楽部」が大切にしていることです。

 

※参考記事

コラボレーションワークを成功させるコミュニケーションの取り方とは

 

中央が飯塚麻美さん

 

 

6・クリスタルボウル教室の生徒さんの本格デビューはわたし自身にとっても大きな節目、これからがますます楽しみです!

わがことのように嬉しい、という表現がありますが、いえ、

わがこと以上に嬉しい、というのが本当のところです。

 

クラシックフロスト・クリスタルボウルが、今後しばらく、人々の心身と世の中の様子に良い効果をもたらすことができるならば

自分の演奏活動などという小さなことではなく、

「クリスタルボウル界」そのものを大きく広げ質を高めていくことが大事であるし、またそうなっていくだろう。

 

そう思っているわたしにとっては、

良いクリスタルボウル奏者のデビューや演奏会成功はなにより嬉しいことなのです。

 

しかしこれは、まだまだ初めの一歩に過ぎません。

これからです。

 

これから自由が丘クリスタルボウル倶楽部は、そしてクリスタルボウル界は、

ますます面白く大きく深く広がっていくでしょう。

その予感に、わたしは日本を離れながらもわくわくしているのです。

 

 

7・次回9月16日は中国茶の専門家をお招きしての贅沢な会、お楽しみに!

毎月異なるクリスタルボウル奏者が、それぞれの特色を活かした内容で演奏を担当する

自由が丘クリスタルボウル倶楽部定期演奏会ですが、

次回9月は4ヶ月ぶりに、わたしが演奏を担当します。

 

ゲストには前回と同じく、国家資格もお持ちの中国茶の専門家、

林圭子さんをお迎えして、本格的な工夫式で2種類の中国茶を淹れていただきます。

 

 

わたしの演奏会の特徴は、「ゆったりと優雅で心に沁みわたるような特別な時間」だそうです。

(お客様ご感想から)

夏の疲れを癒しに、クリスタルボウルは7個のみですが、

他ではなかなかお目にかかれないような極上の中国茶とともにお愉しみいただけると嬉しいです。

 

※9/16(土)水晶七環演奏会〜贅沢な中国茶付きで極上のひととき

 

毎月第3土曜日はクリスタルボウルの日

自由が丘クリスタルボウル倶楽部定期演奏会、これからもよろしくお願いいたします。

 

 

※現在夏休み中ですが、9月からはまたクリスタルボウル演奏会や個人ヒーリング、カウンセリングを再開します!

その他のイベント

 

※【参加費無料】自由が丘朝活のお知らせ

毎月第2土曜日は朝活の日!  次回は9月9日の10時〜12時です

9/9自由が丘朝活

 

※【9/24(日)昼】初秋の水晶七環昼食会

11時〜14時  横浜中山「753Cafe(古民家カフェ)」にて ご参加費・5000円

9/24水晶七環昼食会

 

※【2017年12/3(日)午後】クリスタルボウル・ヨーガ

15時15分〜16時45分  自由が丘「スタジオカムシア」にて ご参加費・4000円

12/3クリスタルボウル・ヨーガ

 

※【10/14(土)】自由が丘癒しのフェスタ

10時〜18時  自由が丘「スタジオカムシア」にて

10/14(土)自由が丘癒しのフェスタ(クリスタルボウル・ヨーガ)