1/10心理カードメッセージ「休息」〜自分の活動と休息のサイクルを考えてみる

水泉(しみず)あたたかを含む

(今日の七十二候)

 

今日の一枚は「休息」

心理(真理)カード「休息」

 

働きたければ休息すること

休みたければ働くこと

どちらか一方はあり得ないのだから

 

 

溌剌と生くる者にのみ深い眠りがある。

生ききった者にだけ安らかな死がある。

野口晴哉の言葉)

 

今朝はこのカードで、上の言葉をふと思い出しました。

 

一日の中に活動の時間と休息の時間があるように、一月や一年の中にもまた、活動や休息の期間があるものです。

しかし夜は寝て昼は起きるというのはみな同じですが(例外はあれど)、月や年単位のサイクルになると人によって異なるのが何とも不便なところではないでしょうか。

誰もが土曜日や日曜日、あるいは盆と正月に休む時期になるわけでもないのです。

 

社会生活をする上では、多少は「みんなと同じ」サイクルに合わせることも必要です。

が、あまりにもそれをし過ぎてしまうと、自分自身のサイクルが無視されて心身のバランスを崩すことになるでしょう。

「わたしは」いま休息を必要としているのか。

あるいは、休息が必要なのではないか。

例え世間が逆であったとしても。

 

もし上手に休めない、眠れないと感じているならば、もしかしたら、休む必要の大してない時に休んでいるのかもしれません。

そのため身体が疲れきっていないのです。

疲れきれば、否が応でも休めるはず。

 

もしてきぱきと行動できない、仕事がはかどらないと感じているならば、もしかしたら、休む必要があるのに休んでいないのかもしれません。

そのため身体が回復しきっていないのです。

すっかり回復すれば、どうしても動きたく働きたくなるはず。

 

 

まず自分の身体の声を聞いて、それから、身体の要求と社会の流れをすり合わせていくように工夫することです。

なかなか大変なことかもしれませんが、まずは小さなことから、できる範囲から。

 

その意識だけで身体が変わることもあるのですから。

 

 

 

※本格的な心理カードリーディング個人セッションや講座については、お問い合わせください。

まずはお気軽な「心理カードリーディング」からお試しになることをお勧めいたします。

 

 心理カードリーディングのお申込み

※【自分の心の中から答えを出す】心理カードリーディング詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

お知らせ・次回クリスタルボウル演奏会は中国茶とのコラボレーション、2018年1月20日(土)@自由が丘

日本茶縁協会理事長の林圭子さんをゲストにお招きして、お茶で身体の中から、水晶の響きで身体の外から、極上の癒しを体感していただけます。

 

今回は自由が丘では初めての、午前の開催。

贅沢な朝茶の時間をお愉しみください。

クリスタルボウル演奏会〜贅沢な中国茶付きで極上のひととき@東京自由が丘(’18年1/20土)

 

クリスタルボウルと中国茶@自由が丘(JCC)のチラシ

 

※【2018年1/20(土)午前】水晶七環演奏会〜贅沢な中国茶付きで極上のひととき

午前10時〜12時  自由が丘「スタジオカムシア」にて ご参加費・5000円

1/20水晶七環演奏会
 

 

 

その他のイベント

 

※【2018年6/8(金)午前】クリスタルボウル・ヨーガ

10時〜11時30分  自由が丘「スタジオカムシア」にて ご参加費・4000円

6/8クリスタルボウル・ヨーガ