1/15心理カードメッセージ「受入」と今朝の読書『ハリー・ポッターと賢者の石』で、ダンブルドアの言葉に感じ入る

今日の一枚は「受入」

心理(真理)カード「受入」

 

頭脳は受け入れるためにある

 

身体が、心が、精神が、頭の思考を受け入れるのではない

身体を、心を、精神を、受け入れて頭は思考する

 

頭脳思考は理想の世界へも未来の時空へも飛ぶことができるが

それは在るがままの「現在の自分」を受け入れてからのこと

 

在るがままの自分を受け入れるとは

自分の欠点も弱点も不足も、そして命の限界も

全てよしとすることである

 

(参考・1/13心理カードメッセージ「受入」

今朝の読書〜『ハリー・ポッターと賢者の石』を読み返す

ハリー・ポッターと賢者の石

 

朝は岩茶(烏龍茶の一種・仙人秘境と言われる岩山に育つ)を楽しみながら、短い時間でも本を読むのが習慣です。

今朝はこれ、『ハリー・ポッターと賢者の石』(静山社1999年)。

今さらながらDVDで映画を観たことがきっかけで、10年ぶりくらいに読み返してみました。

(映像ならではの面白さもあって楽しく観られましたが、やはり本の方がわたしは好きです。)

 

10年前は読み流していたのですが、今回印象に残ったのは、次のアルバス・ダンブルドア(魔法学校校長)の言葉です。

それはもう、「ここだけ!」と言ってもいいくらい、残りました。

 

 

欲しいだけのお金と命だなんて! 大方の人間が何よりもまずこの二つを選んでしまうじゃろう……困ったことに、どういうわけか人間は、自らにとって最悪のものを欲しがるくせがあるようじゃ

 

自らにとって最悪のもの」とまで言っているのですね、欲しいだけのお金と命のことを。

深く考えさせられる台詞です。

 

 

ハリー・ポッターものはシリーズ全巻読みましたが、なかなか奥が深いと思います。

軽く楽しく読み流すこともできるけれど、深読みすると、なかなかこわい。

特に第6巻あたりからは、もう「児童文学」を越えているのではないでしょうか。

 

映画DVDは3巻までしか観ておりませんが、このこわさ、映像ではかえって表現しにくいかもしれません。

大人の方にもぜひ、読んでいただきたい名作です。

 

 

お知らせ・今夜19時から自由が丘 FMTV 「リーディング・ナウ」にゲスト出演します!

急に決まりました! 1年ぶりのゲスト出演です。

 

放送はYouTubeLIVE、Ustream、FRESH!で、全国どこからでもご覧いただけます(アーカイヴもあり)。

時間になりましたら、こちらの自由が丘FMTVトップページよりお入りください。

自由が丘FMTV

 

 

近日開催予定のイベント

 

※【2018年1/20(土)午前】水晶七環演奏会〜贅沢な中国茶付きで極上のひととき

午前10時〜12時  自由が丘「スタジオカムシア」にて ご参加費・5000円

1/20水晶七環演奏会
 

 

※【2018年2/4(日)午後】クリスタルボウル・ヨーガ

15時15分〜16時45分  自由が丘「スタジオカムシア」にて ご参加費・4000円

2/4クリスタルボウル・ヨーガ

 

 

 

 

 心理カードリーディングのお申込み

※本格的な心理カードリーディング個人セッション、講座については、お問い合わせください。

まずはお気軽な「心理カードリーディング」からお試しになることをお勧めいたします。

 

【自分の心の中から答えを出す】心理カードリーディング詳細はこちら