2/8心理カードメッセージ「受入」

今日の一枚は「受入」

心理(真理)カード「受入」

 

受け入れられない自分が

嫌いな他人となって現れる

 

嫌なあの人はあなた

あなたに気づいてほしいあなたの内なる叫び

 

 

60%受け入れて好きになれれば良しとしよう

他人は自分の写し鏡とは、よく言ったものだと思います。

 

嫌な人、許しがたい人が現れたとき。

怒りを納めてよくよく考えてみれば、それは、受け入れられない内なる自分の姿だったりします。

そもそもなぜ、「嫌だ」「許せない」という感情が湧き上がるのか。

それはその人が、あるいはその人の行動が、自分の内の「なにか」を刺激するからです。

 

たとえば子どもの頃から我慢して大人しくしてきた人は、騒ぐ子どもが許しがたく不快なものです。

これはそのままわたしの若い頃のことで、わたしがいま懺悔したいことがあるとすれば、電車内などでちょっとでも騒ぐ子どもを、眉を顰めて非難の目で見ていたことです。

まあ確かに喜ばしいことではないかもしれませんが、「あら一寸うるさいわね」程度のことで、何もそこまで強い不快感を抱くほど大きな問題ではないでしょう。

それなのに余分に腹を立ててしまうのは、わたしの中に押し込められていた「成長しきっていない小さなわたし」が抗議するのです。

「わたしはこんなに我慢しているのに、あの子はなぜ、それを許されるの」と。

 

わたしが冷たい目で見ていたその子どもは、実は、ほんとうは騒いで楽しみたかった「小さなわたし」の姿だったのです。

その「小さな、幼い、愚かな、情けないわたし」が受け入れられないから、それが他人の姿を借りて訴えかけてくる。

 

理屈では説明できないことですが、同じようなことの繰り返しの経験から、どうもそんな気がして仕方がないのです。

というより、むしろそうだと確信していると言っていいでしょう。

 

自分自身の嫌なところから目を背けていても、それは消えてなくなるどころか、外の誰か「嫌な人」になって追いかけてくるのかもしれません。

でも、自分自身を100%好きになるというのも、実は不可能なほど難しいものなのです。

 

 

 

いいんです、100%好きでなくても。

まあ60%くらい好きになれれば、上等ではないでしょうか。

あとの受け入れられない40%は、「嫌な人」になってあなたの前にこれからも現れ続けてくるかもしれません。

それもまあ、いいじゃありませんか。

 

ただ知っておけばいいのです。

その「嫌な人」は、実はあなたの姿だってことを。

世界もあなた自身も、まあ半分以上好きなら良しとしましょう。

100%なんて欲張らない。

 

そう考えられれば、自分の嫌なところも他人の嫌なところも、だんだん気にならなくなってきます。

もしかしたらそのうち、いつの間にか100%に近づいてくるかもしれません。

 

気楽にいきましょう。

 

 

 

 

【明日】自由が丘FMTV新番組「陰陽茶飲み話」始まります!

毎月第2・第4金曜夜は自由が丘FMTV陰陽茶飲み話

 

自由が丘FMTVでのわたしの担当番組は、明日の放送からタイトルも内容も一新して、「音香の陰陽茶飲み話」をお送りいたします。

 

いまわたしが一番興味があるのが、陰陽の世界観なのです。

いろいろ調べ考えていくにつれ、やはりこの世は陰陽、善悪ではなくバランスでものを捉え考え、陰陽を調和させていくことこそが生きていく上でも最も大切なのだと思うようになってきたのです。

肩書きも「心の陰陽研究家」にでも変えようかと、ちょっと考えているくらい。

 

そしてその陰陽の世界に興味を持つようになったきっかけが、お茶、中国茶の世界なのです。

茶飲み話のような気楽な雰囲気で、深く面白い陰陽の世界、その奥の真理の垣間見えるような世界のことをお話していく予定です。

 

放送は明日9日の19時15分から20時15分。

YouTubeLIVE、Ustream、FRESH!で、全国どこからでもご覧いただけます。

時間になりましたら、自由が丘FMTVトップページからどうぞ。

FacebookLIVEで「音香」のタイムラインからもご覧いただけます。

 

音香の陰陽茶飲み話サムネイル

 

 

 心理カードリーディングのお申込み

※本格的な心理カードリーディング個人セッション、講座については、お問い合わせください。

まずはお気軽な「心理カードリーディング」からお試しになることをお勧めいたします。

 

※【自分の心の中から答えを出す】心理カードリーディング詳細はこちら